株式会社ズームスケープ

大企業、大学が注目する業界最先端の独自の写真計測技術

当社はデジタルカメラ・ビデオカメラで撮影した画像をもとに、高精度に被写体の形状や変化を捉える独自技術を所有し、主に土木建築・防災分野での維持管理・安全管理に利用するシステムを開発する企業です。
当社で開発されたシステム「デジタルカメラによる動的変位計測システム OpticG シリーズ」は、JR西日本の鉄道橋の維持管理に利用されているほか、斜面の安全管理などにも利用されています。
動画像により完全非接触で微小変位を計測可能なシステムを製品として提供している企業は、業界では当社の他にありません。
当社は上記の技術に関する特許も複数取得しており、業界では先駆的な存在として知られています。

事例紹介

「橋りょうの健全性を確認するためのたわみ計測」

課題
JR西日本様のご依頼
・橋りょうの健全性を確認するためにたわみ計測を行っているが、現状の計測方法では設置が困難で計測を進めることが難しい箇所がある。
・そのほかの計測手法では、システム価格が高価である。

そこで、橋梁部に測定機器もしくはその補助装置を設置することなく、撮影された画像から桁たわみ測定を行なうことができる、簡易な非接触式たわみ測定手法の開発が求められた。

対応
画像によるたわみ測定に必要なハードウェア、ソフトウェアの各種検証、開発を行い、従来の手法に比べて
・完全非接触での簡易な計測
・幅広い適用条件での使用
・高精度での測定
・低コスト
を実現することができる「非接触式たわみ計測システムOpticG1D」を開発、納品した。
 ※画像「OpticG1D」による鉄道橋の計測事例として

この企業にEメールを送信する

企業情報

所在地 滋賀県大津市打出浜2-1 コラボしが21 4階413号室
電話番号(代表) 077-514-8191
FAX番号(代表) 077-514-8192
Eメールアドレス staff@zoomscape.net
ホームページURL http://www.zoomscape.net/
代表者名 代表取締役 小野 徹
設立年月日 平成20年4月
資本金 1,800万円
従業員数 3名
業種 情報サービス業
業務内容・概要 建築物・地形などの三次元計測・ソフトウェア開発・三次元計測機器の設計及び販売
技術コンサルティング・写真計測に関する研究受託
主要製品 非接触たわみ計測システム『OpticG 1D』、2次元非接触変位計測システム『OpticG 2D』
パノラマ写真を用いた三次元図面作成・寸法計測ソフト『PanoMeasure』
主な取引先 JR西日本、関西電力、国土交通省、京都大学、アジア航測
取引金融機関 滋賀銀行